« 東北紀行 三陸の絶景 | トップページ | AI は凄い!! »

東北紀行 中尊寺と松島

たぶん今回で三度目の 中尊寺 です。

金色堂、光り輝いてまばゆいばかりです。

Photo_20191117002501

              (中尊寺のホームページより)

 

           (^_-)-☆ よかったら続きも見ていってね (^_-)-☆

 

     

良く晴れた朝、安比高原を後にしました。

安比高原はスキーのメッカです。私が泊まった安比高原温泉から見た山は上から下に向かって数えきれないほどのゲレンデが走っていました。

091_20191117232801

東北道・松尾八幡平ICから高速に乗り平泉前沢ICで降りるとすぐ中尊寺があります。

まず宝物館である 讃衡蔵に入りました。阿弥陀如来坐像がありました。

093_20191117231201

隣り合って金色堂があります。

096_20191117231301

まばゆいばかりの金色堂には中央須弥壇に阿弥陀如来像が多くの仏像を従えて君臨しています。

その須弥壇の中に奥州で栄華を誇った藤原清衡・基衡・秀衡・泰衡の亡骸が安置されてるそうです。

Photo_20191117002501

 

 

098_20191117231301

下は経堂です。上の看板にあるように創建時の古材を用いて再建されたと書いてあります。

097_20191117231301

奥の細道の松尾芭蕉さんです。

平泉辺りで詠んだ 『五月雨の 降り残してや 光堂』  『夏草や 兵どもが 夢のあと』 は 多分中学くらいで習った有名な句で特に “夏草や~~” の句は当時強烈な印象だったことを記憶しています。 

099_20191117231301

下は金色堂の旧覆堂です。

100_20191117231301

月見坂を下っていくと

103_20191117231301

中尊寺本堂があります。この日は三連休の最終日とあってか日本人・外国人が入り乱れておりまして写真も取れない状態でした。

この山門をくぐった中に本堂があるんですが・・・・・・・・。人だらけでとても写真を撮れる状態ではなく、お賽銭を入れて孫たちの健やかな成長を祈り、御守を買って出てきました。

104_20191117232801

山内で菊祭りをやっておりました。

よけいな話ですが私はどうも菊と言う花があまり好きでなく、自分の葬儀の時は菊は飾らないでほしいと常々家族に言っています^_^;

何かに書き記しておかないといざという時うっかり飾られると成仏できないのでボチボチ書面の準備が必要かなとも思っているところです(^o^)

109_20191117231301

次はまた平泉前沢ICから高速に乗りどこで降りたのかわかりませんが松島へ向かいました。

船着き場で観光船に乗り松島湾を一周しました。初めての松島は天候に恵まれてとても綺麗でした。

115_20191117231401

Img_2611

121_20191117231401

122_20191117231401

下の画像はカキの養殖の櫓(やぐら)だそうで、広島の筏と違う所だとか。

123_20191117231401

五大堂を船から見ると正面が見えるのだそうです。

Img_2618

 ↓  船着き場から見た五大堂

113

実際にそこまで行って見た五大堂

124

二泊三日の古希旅行が終わりました。

これまで 安芸の宮島 天の橋立 と体験して 松島だけ行ってありませんでした。これで日本三景を達成しました。

70歳にしてようやく達成できました。

仙台駅 16:34 の新幹線に乗って帰ってきました。万年幹事は年明けには次の行先を考えなければいけないのです。

今度は一泊で九州にするつもりですが良いコースがあるかな・・・・・・・。

 

|

« 東北紀行 三陸の絶景 | トップページ | AI は凄い!! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

金色に輝く金色堂。晴天で見事に晴れ渡った空。良いですね。
気のおけない仲間と祝いの旅行ができて良かったですね。とてもうらやましいです。僕はその手の旅行がないですからね。
来年も幹事さん頑張ってください。

投稿: よし坊 | 2019/11/22 19:51

よし坊様
おかげさまで三日間とも天候に恵まれ旅行を楽しむことができました。
最近は検査で引っかかって検査入院するとかしたとか、そのような話がチラホラ出始めてきたのでこれまでのようにすぐ話がまとまると言う事も難しくなってきています。昨日、JRから50+の冊子が送られてきました。また幹事頑張ります。

投稿: ごくらくとんぼ | 2019/11/22 22:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 東北紀行 三陸の絶景 | トップページ | AI は凄い!! »