« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »

ネコ

事の起こりは6月初旬頃だったと思います。地区のごみ置き場に張り紙とビニール袋3つが置かれビニール袋の中にはフンが入っていました。張り紙には 『我が家の庭は猫のフンだらけです。臭くてたまりません』 と言うような内容でした。 
“誰が書いたんだろうね~” とか “どこのネコかねえ~” としばらく話題に上っていましたが半月ほど経つと貼り紙とビニール袋は無くなっていました。
さてそれから1ヶ月ほど経った最近、ご近所の噂では 「○○さんの所では家の中で飼っているそうだよ」 とか 「△△さんが紐をつけて散歩していたよ」 だそうです。
実は我が家でも隣の猫に種を蒔いたばかりの畑を歩かれたり、金魚の餌をひっくり返して袋を自分のうちへ持っていって家人に見つかって家人が我が家に謝罪に来たりしてしていますがゴミ置き場に張り紙をしたりはしません。ネコのフンは臭いと言いますから張り紙をした人はよほど迷惑しているのでしょう。軽々に非難は出来ません。

昨日の朝の事ですが家の前の道路の側溝に赤ちゃんより少し成長した子猫が佇んでいました。連れ合いが見つけ私に報告に来ました。見に行くとどうやら背中に怪我をしているようでした。見たところカラスか何かにつつかれたような傷でした。午前中様子見をしていましたが移動する様子もないので午後市役所の環境??課へ電話して事情を説明しましたが 「野良では自然に任せるしかない」 と言われ困っています。側溝から出る様子もないので我が家で餓死されては困ると思い最低限の分の牛乳を与えたり、今日は鯵の干物の残りの身を与えましたが食べていません。またカラスにイタズラされるのを恐れて側溝のふたの中に潜んでいるのかもしれないと想像したりしています。野良に餌を与えてはいけないことは分かっているのですが『人道上』放ってもおけません。どうしたもんかと・・・・・・・・・・・・・・・・。

| | コメント (2)

« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »